--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.01.10:56
おわら風の盆
owara_m2006.jpg

『おわら風の盆』が今日から3日まで八尾で行われます。
富山駅は、8月の末ごろからもう、おわら一色です。
駅構内には哀調帯びた胡弓(こきゅう)の音色が響いています。



立春から数えて二百十日に行われる風の盆は、収穫を間近にした稲が
風害に遭わないよう、にぎやかな歌と踊りで風神を慰めたのが始まりだといいます。

知っていらっしゃる方も多いと思いますが、
この三日間、南北およそ3キロの坂の町、八尾全体が一つの大きな舞台となります。
胡弓の独特の音色が町中に流れ、編み笠をつけた男女が歌にあわせ、輪踊りや町流しが夜通し演じられます。
毎年、20万人を超える観光客が訪れる、富山県の代表的なお祭りです。


パパの勤めていた会社がここ(八尾)にありました。
昔は、今ほど知られていなかったので、観光客も少なく、
よく連れて行ってもらいました。

行くと、必ず雨に遭いました。(ここでも雨女の力、発揮!?)^_^;
編み笠で踊り手の顔が見えないんですが、
そこがまた、いいんですよね。
妙な色気を感じます。

最近は、と~んと、行かなくなりましたね。
人が多すぎる所は苦手で・・・。

それから、パパとの思い出がありすぎて、つらくなる・・・。


艶やかで優雅な女踊り、そして勇壮な男踊り、・・・
みなさんも、一度、風の盆にいらっしゃいませんか?

私もまたいつか、訪れたいと思います。


今日もぽちっと一押しお願いします

ありがとうございます!


スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://mamagon123.blog113.fc2.com/tb.php/63-f358511c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。