--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6章:晴れたからいいね!

※10年前の話なので、そのつもりで読んでくださいませ



「ん?」 目を開けるとカーテンの隙間から光が漏れている。

そうか、もう朝か。

そういえば、昨日は、ミッキーの家のあと、カートゥーンスピンに待ち時間無しで乗って、くるくる回って、それからホテルに戻って、すぐ寝たんだっけ。

TDLを9時半ごろ出たけど、もうその頃には、ワールドバザールとミクロアドベンチャー以外は本当に人がまばらになってたんだよな~、などと思いつつカーテンを開けた。

すると、眼前には青空が広がり、陽も差していた。

「おおっ、神様ありがとうっ!」と、神に感謝しつつ、身支度を整える。

今日の目的は、お土産購入とマークトゥエイン号である。

何とか朝食、チェックアウトを終えてバスに乗り、8時半にTDLに着く。


今日は余裕があるので、エントランスでミニー、プーさんを追い掛け回して写真を撮った。

ちなみにプーさんはなかなか会えないキャラだそうなので(10年前の話)とりあえず、追いかけてみた。

そして、一応ミクロアドベンチャーの様子を見に行くことにしてトゥモローランドへ。

な、なんと、そこには昨日よりすごい行列が存在した。

最後尾でキャストに聞くと「2時間半~3時間待ち」と、さらっと答えられる。

でも3時間待ったら12時になっちゃうよ~、・・・当然諦める。

しかし、それでも列につく人がいるから不思議だ。


仕方がないので、マークトゥエン号に乗りに行くのにシンデレラ城の横を通った。

おっ、列が短い! 5分待ちじゃん! 入っとけ、入っとけ! とすぐに並んだ。

あっという間に順番が来てキャストの名調子を聞きつつ、暗い城内へ・・・。

父母は、新婚旅行以来の入城なので懐かしんだが、子供たちはとても怖かったようだ。

長女はずっと目をつむり、長男は手をしっかりと握り締め、キャストの一人芝居も耳に入らないようであった。

最後にキャストが「また、お会いする日を楽しみにしています!」とか言ったときに長男はぼそっと、

「もう、来ないよ・・・。」

と言って、皆の失笑をかっていた。


   つづく
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://mamagon123.blog113.fc2.com/tb.php/26-adeff73d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。