--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.30.20:39
長男の誕生日
6月30日・・・・・今日は、長男の誕生日です。

17年前の今日、忘れられない日でした。





産休に入って1週間ほど経った日曜日、

早朝3時ごろ、パパは友人の結婚式のため、軽井沢に向かって出発・・・




予定日まであと1ヶ月あるといっても一人ぼっちはちょっと心細い・・・。

それに何だか今日は朝からちょっとお腹が張りすぎている感じが・・・・・




夕方、急にお腹が痛くなる・・・

でもまだ、1ヶ月もあるのに・・・どうしたんだろう??

お腹の中の赤ちゃんに何かあったのでは・・・




不安でいっぱいになる・・・




パパに連絡を取ろうと思ってもその頃はまだ携帯もなく、

結婚式場の連絡先も分からない・・・



どうしよう・・・今日は、義父母も旅行で県外だし・・・

実家に電話をしてみようか・・・




受話器をとった瞬間、激痛が走る・・・


これは、普通の痛みと違う・・・



何なの??

私、死んじゃうの??



とにかく電話・・・

意識がもうろうとする中、実家に電話をかける・・・



電話に出たのは当時まだ高校生の弟・・・。


私の息絶え絶えの電話に相当驚いたに違いない・・・



あいにく、実家には、弟しかいなかった。

父母は、外出中・・・・・



電話で弟とどんなやりとりをしたのか、覚えていないけど、

それから1時間ほどして、当時私が住んでいたアパートに父が慌てて駆けつけてくれた。



ほとんど間隔無しで激痛が襲ってくる・・・。

乗せられた自動車の揺れも耐えられず、途中何度も車を停めてもらいながら、

夜の8時30分ごろ病院に着きました。


半分泣きそうな顔で私が到着するのを待っていた母。

今でもその顔ははっきり覚えている・・・。


私はもう歩くこともできず、車椅子にすぐ乗せられ、分娩室へ・・・




すぐさま内診。


「まだ1ヶ月あるけど・・・」

「頭見えてるから・・・産むしか・・・」



途切れ途切れに聞こえる会話・・・



え~っっ!!もう産んじゃうの~

赤ちゃん大丈夫なの~??




激痛と不安の中、看護婦さんが

「さぁ、産みますよ!」

・・・・・


・・・・・


何が何だか分からないまま、産んじゃいました・・・。


8時44分無事出産。

病院に入って14分の超超~安産でした・・・・・。




立会い出産が夢でした・・・。

愛する夫に手をにぎられ、二人で力を合わせて出産・・・・・。


そして、頑張って産んだ私に夫が優しくつぶやく・・・

「よく頑張ったね・・・ありがとう・・・」



私のず~~っと抱いていた妄想はあっという間に消え去ったのでした・・・。(笑)




突然の出産なんかち~~っとも知らないパパは、

軽井沢での友人の結婚式を祝い、楽しみ、・・・・・そして、義父に叱られ、

慌てて病院に駆けつけ、私に嫌味を言われ、私の父母に詫び、

それから後、長男の誕生日が来るたびに肩身の狭い思いをしたのでした・・・^^;


必ず、話題として誰かがこの話をしだすんですよね~^^;



で、これが、退院する時の長男です。

ぐっすり眠ってます。(-_-)zzz

080630_1949~0001




3歳の頃の写真。

長女が生まれて、ちょっとお兄ちゃんらしくなりました。^^

080630_1953~0001




TDLにて、5歳。

ティガーのしっぽをさわれて、ご満悦です♪^^

080630_1956~0001





そして、17歳・・・・・。

今日まで、大きな病気や怪我もせず、

頼りない母や、お茶目な妹の力になってくれてます。



いろいろ辛いこともあったと思うけど、

おだやかに真っ直ぐに育ってくれました。



今のあなたを見ていると、感謝の言葉しか出てきません。



ありがとう。

生まれてきてくれて・・・。

私の子供でいてくれて・・・。



^^ へへっ!

今日は、ちょっとかっこつけちまったぜい!!
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://mamagon123.blog113.fc2.com/tb.php/203-bc6ee665
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。