--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.20.13:03
明日はきっと・・・くるよね・・・
昨日、記事を更新しようと思って、PCに向かってたら、

なんか、弱音をはいてしまってました

何書こうかな~って、思いを巡らしていたら、

仕事のことや、子どものこと、これからの自分のことなど、・・・

ネガティブな思いがわいてきてしまったようです。

(ハッピーなこともいっぱいあるんだけどネ!)



なんか、変な記事を書いてしまって、ごめんなさいね!


大丈夫、大丈夫! 

「明日はきっといいことあるさ!」




・・・・・なんて、昨日書いてしまいましたが、

その後、長女の付き添いで、本屋に行って、(お得意の?)立ち読みで、

「明日はみな、平等に来るわけではない・・・・・」

というような一文に出会ってしまい、ちょっとショックを受けてしまいました。

(あれ?そうなの? ^^;)




小さな子どもを亡くした方が書かれた詩集のような本を和訳したものだったのですが、

最後の一日だと分かっていたら、

○○と言っておけばよかった・・・。

△△をすればよかった・・・。

・・・・・・・


と、後悔の念が綴ってあり、



明日が来るのが当たり前と思っているけど、そうではない。

伝えたいことがあったら、愛する人に言葉で表し、

したいことがあったら、ちゃんと行動に移さなければいけない・・・



という忠告?が書いてありました。



明日があると思わないで、今日一日を精一杯、大切に、大切な人とすごそう・・・・・。


9.11のテロ事件の時にも話題になった本だそうで、(あとがきに書いてありました。)

心に残る内容でした。





立ち読みで5~6分、本の題名もはっきり覚えていなくて、

内容も自分の心に残ったものの、思い返しなので、

不確かな部分だらけで、申し訳ないのですが、

紹介しておきますね。



・・・・・この本は、何かと弱気になっている私へのパパからのプレゼントだったのかな~

と、思ってしまいました。^^;





今日もぽちっと一押しお願いします

ありがとうございます!みなさんのご協力のおかげでなんと27位!!
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://mamagon123.blog113.fc2.com/tb.php/135-66c21f1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。