--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの実験です!

夏以来ですね~ (^ー^;)



今日は、身近にあるもので、簡単にできる実験を紹介しますネ♪

題して、




『鼻の脂でマーブリング♪』



<材料>
マーブリング材料


・墨汁
・爪楊枝(または、マッチ棒)2本
・トレー
・コーヒーフィルター(ろ紙の代わりになるもの)
・水
・鼻の脂(笑)




<実験方法>

① トレーに水を入れる。

② 爪楊枝のおしりの部分に、1本は墨汁を、
 もう1本は鼻の脂(小鼻の横をこちょこちょとしてください)をつける。

脂と墨汁



③ 墨汁のついた爪楊枝をそっと水につける。

まず墨汁


④ 次に鼻の脂のついた爪楊枝を墨汁の中心あたりにつける。
 (脂分でパーッとひろがるよ!)

次に水



⑤ また、墨汁のついた爪楊枝をつける。 

PA0_0053.jpg



⑥ これを何度か繰り返して、自分の好きな模様を作る。

PA0_0052.jpg



⑦ できた模様の上にコーヒーフィルターをそっとかぶせ、模様をうつしとる。

PA0_0051.jpg



⑧ 水からコーヒーフィルターを取り、乾燥させて、出来上がり♪^^

PA0_0050.jpg




おまけ!

のように、模様にすーっと爪楊枝で線を入れると形が面白くなります!

PA0_0049.jpg


PA0_0048.jpg




寒い毎日ですが、なかなか外で遊べないとき、暖かい部屋で、気軽に親子で遊べますよ!

お休みのときなど、挑戦してみてくださいね♪



今日もぽちっと一押しお願いします!




こちらの北陸地域の人気ブログランキングにも参加しました!
一押ししていただけたらうれしいな~♪

人気ブログランキング



スポンサーサイト
おはようございます!
8月に入ってからずーーーっと暑い日が続いていますが、
今日も30℃超えそうですね。  
体調に気をつけて、お互いこの暑さを乗り切りましょう!

さて、みなさん、『プラパン』って知っていますか?
プラスチックの板にいろいろ絵や字を書いて、
オーブントースターに入れてチーンすると、
みるみるうちに小さく縮んで、キーホルダーなんかになる『あれ』です。
実は、使い捨てのプラスチックのコップでも簡単にできるんですが、
知ってましたか?
そこで、手軽に出来る科学実験第3弾は、プラスチックのコップでプラパン作り!です。


<準備する物>
 ・使い捨てのプラスチックのコップ
 ・はさみ         ・穴あけパンチ
 ・マジック        ・アルミホイル
 ・オーブントースター   ・ザッシなど重しになるもの

<実験方法>
 1.プラスチックのコップを好きな形に切る。
 2.1.に好きな絵や文字を書く。
 3.キーホルダーなどつるす物にする場合は、前もって穴あけパンチで穴をあけておく。
 4.オーブントースターで1分ほど加熱する。
 (加熱しすぎると、危ないので加熱中は目を離さないように!
 5.平らな所でアルミホイルにはさみ、上に雑誌などをのせて冷ます。
 6.冷えたら、好みの紐などをつけて出来上がり!

コップの切る部分によって出来上がりの形が変わってきますよ。
コップの変わりに、ストローを切ってやってみても楽しいです。
オーブントースターを使うので火傷しないように気をつけてくださいね。

 
2007.08.07.08:29
1円玉を使って引力を調べてみよう!
毎日、暑い日が続いてますね。
今日は早朝にマーブルの散歩に行ってきました。

こう毎日暑いと、道路や外気があちちなので、散歩にもなかなか行けません
久しぶりの散歩だったのでマーブルは超ハッピー
私も朝の爽やかな空気の中、歩けて気持ちよかったです。

さて、手軽に出来る科学実験第2弾ですが、1円玉で引力調べです。
今日はとっても簡単にできるので、皆さんぜひ挑戦してみてくださいね!


<準備する物>
・大きめのボウル     ・1円玉たくさん


<実験方法>
1.ボウルに水を入れる
2.1円玉を1枚ずつ静かに1.の水面に浮かべる。
3.10枚くらい入れたところで、1円玉がどのように動くか観察してみよう。
4.さらに、1円玉の枚数を増やしてみる。



3.で、しばらくじっと1円玉を見つめてみてください。
1円玉が不思議な動きをし出しますよ。
最終的にたくさん浮かべた1円玉は、どうなるかな~。

2.で、水の上に1円玉を浮かべるという作業が意外と難しく、イライラするかもしれません。
浮かべるコツとして、
・1円玉の水気をふき取る 
・1円玉を水面に平行に置く・・・等
があります。
他にもいろいろ工夫してみてください。


2007.08.06.09:08
スライムを作ろう!
夏休み中、暇をもてあましている親子に(数年前の我が家)
手軽に出来る科学実験を紹介したいと思います。
まず第一弾は、スライム作り

ドラクエに登場するスライムを思い浮かべる人も多いと思いますが、
このスライムはプニプニしています。
手触りを楽しんだり、のばしてみたり、まるめてみたり、いろいろ遊んでみてね。


<準備する物>
・PVA洗濯のり    ・ホウ砂      ・コップ
・わりばし       ・水彩絵の具    ・お湯 

<実験方法>
1.PVA洗濯のりを湯で2倍にうすめ、65℃ほどの液をつくる。
2.色をつけたい時は、1.ののり液に好みの色の水彩絵の具を
  ひと絞り入れる。
3.ホウ砂の飽和水溶液(※1)を少しずつ加えながら、
  はげしくかき混ぜると、だんだんのり液が固まってくる。
  指でさわってべとつかなくなったらできあがり!


※1 ホウ砂を水に溶けるだけ溶かし、もうこれ以上溶けない状態
  (底に少しホウ砂が溶け残る状態)にした水溶液

ちなみにPVA洗濯のり、ホウ砂は薬局などで買えます。
スライムを触った手は絶対になめないでね。(特に小さいお子さんは注意!!)
遊んだ後のスライムは地方によって違うかもしれませんが燃えるごみで捨ててください。
いろんな色をつけると美味しそうに見えるけど、絶対に食べないでくださいね。


基本的な作り方を紹介しましたが、1.のうすめるお湯の量を変えたり、温度を変えたり、2.の加える絵の具の量を変えたり、3.のホウ砂の飽和水溶液の加える量を変えたり、・・・いろいろ条件を変えてみると面白いですよ。
よく伸びるスライムだったり、お団子みたいなスライムだったり、宝石みたいにきれいなスライムだったり、・・・自分だけのスライムをつくってみましょう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。